Subject   : 次世代EDI

カテゴリー : ビジネス


 次世代EDI(electronic data interchange)
 インターネットを活用した国際的な標準のEDI(電子データ交換)。

 1980年代に日本が独自に制定したEDIの標準仕様(J手順)に代わるもので、2007年4月から加工食品、酒類、日用雑貨分野で大手スーパーと卸、メーカーとの取引で本格導入された。小売業界では消費財のEDI取引で日本チェーンストア協会が制定したJ手順が普及。ただ、データフォーマットが小売業者ごとに異なり、漢字や画像データがやり取りできず、伝送速度も遅いといった問題があり、次世代のEDI標準化が求められていた。

このため、日本チェーンスト協会と日本スーパーマーケット協会が2005年度から、経済産業省と財団法人流通システム開発センターの支援を受け、合同作業部会で標準案を検討してきた。標準化の効果としては、データ形式の統一に加え、J手順で2時間程度かかっていた通信時間が十分程度に短縮。入出荷オペレーションや伝票レスなどの業務改善が期待できるという。標準メッセージで使う商品識別コードは国際標準のGTIN(グローバル・トレード・アイテム・ナンバー)、記述はXML(拡張可能なマーク付き言語)形式を採用した。


 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [カテゴリー一覧]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]