Subject   :ASP(Active Server Pages)

カテゴリー  : パソコン > ソフト > プログラミング 


 ASP(Active Server Pages)
ASPとは、Microsoft社のWebサーバソフトInternet Information Serivices(IIS)の拡張機能の一つで、閲覧者のリクエストに応じてWebページを動的に生成・送信することができるもの。

Webページにスクリプトと呼ばれる簡易なコンピュータプログラムを埋め込むことができる。スクリプトは閲覧者がそのページアクセスした時に動的に起動・実行され、処理結果をページの内容に反映されることができる。閲覧者が指定・記述した内容を受け取って処理することができ、主にHTMLフォームと連動して閲覧者の入力内容をサーバで受け取るために利用される。

スクリプトの記述には、標準では、JavaScriptのMicrosoft方言であるJScriptと、Visual Basicを元に開発されたスクリプト言語でInternet Explorerにも実装されているVBScriptが利用できる。IIS 5.0からはASPを発展させ、Microsoft .NET Framework上で動作するようになった「ASP.NET」が搭載されており、現在ではその対比で従来のASPのことを「Classic ASP」と呼ぶことがある。

● 


   ⇒ Java

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]