Subject   :CTS(Common Type System)

カテゴリー  : パソコン > ソフト > プログラミング 


 CTS(Common Type System)
CTSとは、Microsoft .NET Frameworkで利用されるデータ型の標準仕様。また、様々なプログラミング言語で統一されたデータ型を利用する仕組み。「共通型システム」とも訳される。

.NET Frameworkでは様々なプログラミング言語が選択できるが、言語によって型の種類や仕様が異なるとプログラム間の連携が困難になったり不具合の原因となる恐れがあるため、基本的なデータ型について統一された仕様やそれを扱うためのクラスなどが用意されている。各言語ではCTSで定義された型をそれぞれの言語で馴染み深い型名で提供しており、コンパイルの際に自動的にCTSの型として扱われる。

● 


   ⇒ Java

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]