Subject  : アスベスト(asbestos)

カテゴリー : 環境、エネルギー 


 アスベスト(asbestos)
 容易に細かな繊維状にでき、ほぐすと「綿のようになる石」で石綿(いしわた、せきめん)ともいう。

糸や布に織ることができ、耐熱・耐磨耗性・耐薬品性・電気絶縁性等に優れた鉱物の総称。鉱物種からみると、蛇紋石の一種クリソタイルからなるアスベストと、グリュネル閃石(アモサイト)・リーベック閃石(クロシドライト)・繊維状直閃石・繊維状透閃石などの角閃石のアスベストの2種に分けられる。顕微鏡下で、アスペクト比が3:1以上の粒子として確認される。クリソタイルアスベストが圧倒的に多く消費されている。工業的に多用途に利用され「奇跡の鉱物」とされていたが、発癌性が広く指摘されて以来、「静かな時限爆弾」と恐れられ、汚染が問題となっている。

● 
 
 ⇒ バイオマス

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]