Subject   : GUI(Graphical User Interface) 

カテゴリー  : パソコン 


 GUI(Graphical User Interface)
GUIとは、コンピュータやソフトウェアが利用者に情報を提示したり操作を受け付けたりする方法(UI:ユーザインターフェース)の類型の一つで、情報の提示に画像や図形を多用し、基礎的な操作の大半を画面上の位置の指示により行うことができるような手法のこと。

GUIでは画面をウィンドウや罫線で区切ったり、操作対象を絵や図形で表示するなど、情報の提示や整理にグラフィック要素を多用する。また、操作面ではマウスやタッチパネルなどで画面上の位置や動きを指示することにより主要な操作を行うことができるようになっている。文字による情報表示や入力は、どうしても必要なときに補助的に用いるようになっていることが多い。

情報技術者ではない一般の消費者や(企業の)従業員が操作するコンピュータ製品は情報の見やすさや操作方法の習得のしやすさなどを重視してGUIを中心に構成されていることが多く、パソコンやゲーム機、スマートフォンなどの多くはメインのユーザインターフェースとしてGUIが採用されている。

これに対し、情報の提示も操作も文字を中心に行う方式をCUI(Character User Interface)あるいはCLI(Command Line Interface)などと呼び、情報技術者が操作する前提のコンピュータ製品などで多く用いられる。

● CUI(Character User Interface)、CLI(Command Line Interface)
CUIとは、ユーザに対する情報の表示を文字によって行い、すべての操作をキーボードを用いて行うユーザインターフェースのこと。UNIX系OSの操作方式として一般的なほか、WindowsなどもCUI画面を呼び出して操作することができる。 画面上に命令の入力を促すプロンプトと呼ばれる文字列が表示され、ユーザがそれに続けてキーボードからコマンド(命令)を入力し、コンピュータに指示を与える。コンピュータはユーザの入力の次の行から処理過程や結果を出力し、再び入力が可能な状態になると改行して行頭にプロンプトを表示する。この繰り返しで対話式に作業を進めていくのがCUIである。
   ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]