Subject   : ERPパッケージ

カテゴリー  : パソコン > ソフト 


 ERPパッケージ
 ERPとは、企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと。「企業資源計画」と訳される。

 これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェアを「ERPパッケージ」と呼ぶ。代表的なERPパッケージとしては、ドイツSAP社のR/3、PeopleSoft社のPeopleSoft、データベースベンダとして有名なOracle社のOracle Applications、オランダBaan社のBAAN IVなどがある。
 各部門ごとに別々に構築されていたシステムを統合し、相互に参照・利用できるようにしようというもので、財務会計や人事などデータの一元管理、システムのバージョンアップや保守点検の容易化、他部門の作業のリアルタイムな参照などが可能になる。  特別な機能を持ったソフトウェア部品を後から追加できるよう拡張するための機構を備えたものもあり、個々の企業に合わせて作りこむことができるようになっている。  ERPパッケージを導入して経営効率を向上させるには、業務プロセスの検証、標準化が欠かせない。このため、導入前に数ヶ月から1年以上に渡る綿密なコンサルティングが必要となる。  ドイツSAP社のSAP R/3がもっとも有名で、Oracle社のOracle Applications、PeopleSoft社のPeopleSoft、オランダBAAN社のBAANなどがある。

● 

 ⇒ ERP (enterprise resource planning)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]