Subject   : BSDライセンス(Berkeley Software Distribution License) 

カテゴリー  : パソコン > ソフト 


 BSDライセンス(Berkeley Software Distribution License) 
BSDライセンスとは、オープンソースソフトウェアで使用されているライセンス体系のひとつ。無保証・免責を宣言し、再配布する際に著作権表示を行うことのみを条件とする、極めて制限の緩いライセンスである。

著作権表示さえしておけば、BSDライセンスのコードを他のプログラムに組み込み、しかも組み込み後のコードを非公開にできるため、商用化のしやすいライセンスである。また、GPLのように再配布時のライセンス条件を制限することもない。

BSDライセンスはBSD系UNIXで採用されているほか、BSDライセンスに近いライセンス方式をApacheが採用している。

派生創作物のライセンスに制限を課すGPLの思想に反発する開発者は少なくなく、このような開発者はBSDライセンスを自作のプログラムに適用することが多い。

ちなみに、初期のBSDライセンスには、派生物の広告に初期開発者を表示することが条件として盛り込まれていたが、現在はこの条項は削除されている。

この初期開発者表示条項がなくなった後のBSDライセンスは、特に「修正BSDライセンス」と呼ばれている。

● 

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]