Subject   : DBMS(DataBase Management System)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 DBMS(DataBase Management System)
DBMSとは、共有データとしてのデータベースを管理し、データに対するアクセス要求に応えるソフトウェア。データの形式や利用手順を標準化し、特定のアプリケーションソフトから独立させることができる。また、データの管理を専門のソフトウェアに任せることは、アプリケーションソフトの生産性や性能、資源の利用効率の向上につながる。管理するデータの表現形式(データモデル)によりいくつかの種類に分類でき、代表的なものにはカード型、リレーショナル型、オブジェクト型などがある。現在最も広く普及しているのはリレーショナル型(RDBMS)で、大規模システムではOracle社のOracleが、小規模システムではMicrosoft社のAccessが、それぞれ市場の過半を占めている。

● データベースサーバ
データベースサーバとは、複数のサーバが役割分担をしているようなシステムにおいて、データベース管理システム(DBMS)が稼動しているサーバのこと。クライアントやアプリケーションサーバ(APサーバ)に要求されたデータを送信したり、操作要求を受け付けてデータを書き換えたり削除したりする。

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]