Subject   :CIM(Common Information Model)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 CIM(Common Information Model)
CIMとは、情報システムにおける管理対象となる機器など識別したり、複数の対象の間の関係・関連を記述する方法を定めた標準。業界団体のDMTF(Distributed Management Task Force)が策定・公表している。

CIMに従って管理対象を定義することがで、様々な管理システムやソフトウェアが共通してその情報を利用することができ、また、異なるシステム間で情報を交換することができるようになる。CIMはWMIやWBEMなど他の技術の基盤技術として参照されたり、各種のシステム管理ソフトウェアなどで採用されている。

CIMではCIM自体の基本原則などを定めた仕様(CIM Specification)の他に、様々な種類の対象を定義したCIMスキーマ(CIM Schema)が定められている。この中では、コンピュータやOS、サービス、ネットワーク、ストレージなどITシステムの基本的な構成要素と、それらの内部を構成する要素などが定義されている。

特定の対象や特殊な対象を表すために基本的な要素の情報を継承して新たな要素を定義したり、機器やソフトウェアなどの開発元が自社製品を表す要素を拡張するための枠組みも提供されている。

● 共通情報モデル


 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]