Subject   :SaaS(Software as a Service)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 SaaS(Software as a Service)
SaaSとは、ソフトウェアを通信ネットワークなどを通じて提供し、利用者が必要なものを必要なときに呼び出して使うような利用形態のこと。サービス型ソフトウェアとも呼ばれる。

利用者は必要なソフトウェアやその機能を必要なときだけ利用でき、利用実績に応じて料金を支払う。必要な機能を利用者がダウンロードして自身のコンピュータに導入(インストール)する方式のものと、サーバ上で動作するソフトウェアの機能をネットワークを介してオンラインで利用する方式がある。近年では後者の形態が多くなっている。

通常のソフトウェアは、あらゆる利用者にとって必要な機能をすべてまとめ、すべての利用者に同じ機能を提供するようになっている。このようなソフトウェアは、ある一人の利用者にとっては、あまり必要のない機能が多く搭載された冗長なものとなってしまい、必要のない機能に対しても料金を支払っていることになる。そこで、個々の利用者が本当に必要な機能のみをオンデマンドに利用でき、その機能に対してのみ支払いをするSaaSという考え方が登場した。

SaaSという用語は、ネットワークを介してソフトウェアをオンラインで利用するという点でASPサービスと似ており、一般的なASPサービスを指す場合もある。

● 


 ⇒ ASP(Application Service Provider )

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]