Subject   : MDM (Mobile Device Management)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 MDM (Mobile Device Management)
MDM(モバイルデバイス管理)とは、企業などで社員に支給するスマートフォンなどの携帯情報端末のシステム設定などを統合的・効率的に管理する手法。また、それを実現するソフトウェアや情報システムなどのこと。

MDMでは、社員が使用する端末の設定などを管理部門で一元的に管理し、社の方針に沿ったセキュリティ設定を施したり、使用するソフトウェアの種類やバージョンを揃えたり、利用できる機能に制限を加えたり、勝手に私用のソフトやデータを導入できないようにする。端末の紛失時に遠隔からデータを消去したり、操作できないようロックをかけたり、GPS機能で社員の居場所をリアルタイムに把握する製品などもある。

● MDM (Master Data Management) マスターデータ管理
MDMとは、企業内データベースなどで、業務を遂行する際の基礎情報となる「マスターデータ」を適切に管理するための方法論。また、それを手助けするソフトウェアや情報システムなどのこと。

マスターデータは対象の種類により「商品マスタ」「給与マスタ」「顧客マスタ」など様々なものがあるが、業務システムの中で複数のデータベースなどに分散・重複して登録されていたり、それらの間の整合性が失われていたりすることがある。MDMではマスターデータを一元的に管理し、常に最新の状態に維持・管理することを目指している。近年ではマスターデータの管理に特化した専門のソフトウェアパッケージなどが販売されており、これらの製品のことを指してMDMということもある。

 ⇒ クラウドコンピューティング(cloud computing)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]