Subject   : イントラネットサイト(intranet site)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 イントラネットサイト(intranet site)
イントラネットサイトとは、企業・組織の内部ネットワーク(イントラネット)に設けられた、構成員向けのWebサイト。内部ネットワークのアドレスを持つサーバ上に構築され、インターネットなどを通じて外部から直接閲覧することはできないようになっている。

業務の遂行や情報共有に必要な機能がまとめられている。社内データベースなどと連携し、様々な機能や情報が集約されたポータルサイト的なサイトを特に企業情報ポータルまたはEIP(Enterprise Information Portal)などと呼ぶ場合もある。

● 社内ポータル(corporate portal) 企業内ポータル
社内ポータルとは、企業内の情報を社員の業務内容に合わせてカスタマイズして表示する、社内システム専用のポータルサイト。「イントラネットポータル」(intranet portal)などとも呼ばれることがある。社員が必要な情報に簡単にアクセスでき、特に企業幹部が迅速に意思決定を行えるといったメリットが指摘されている。

● エクストラネット
エクストラネットとは、インターネットで用いられるTCP/IPなどの通信技術を用いて、複数の企業内ネットワーク(イントラネット)を相互接続したもの。

TCP/IPを基盤に構築された社内ネットワークを「イントラネット」(intranet)というが、これを複数の異なる企業間や、企業グループ内で相互に接続し、情報をやり取りできるようにしたものをエクストラネットという。

電子商取引(EC)や電子データ交換(EDI)のための通信を安全に行うために構築されることが多い。通信事業者の提供する専用の回線を用いる場合と、インターネット上に暗号された専用の回線網(VPN)を構築して接続する場合がある。

 ⇒ クラウドコンピューティング(cloud computing)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]