Subject   : ウォームサイト( warm site )

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 ウォームサイト( warm site )
 ウォームサイトとは、企業の情報システムのバックアップ施設などの運用方式の一つで、遠隔地に設けた施設に本運用とほぼ同じシステムを導入し、非稼働状態で待機しておき、障害発生後にシステムを起動して運用を引き継ぐ方式。

これに対し、本システムと同じシステムを稼働させて常にデータの同期などを行いながら待機し、障害時に即座に切り替えられるようにする方式を「ホットサイト」、施設や通信回線などだけ確保しておき、障害が発生してから必要な機材の搬入や設定作業などを行なう方式を「コールドサイト」という。

● 


 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [カテゴリー一覧]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]