Subject   : 天地創造

カテゴリー  : 歴史  


 天地創造
 旧約聖書の創世記によれば、神は次のように天地を創造したことになっています。




メモ
第1日 はじめに神は天地を創造した 神が「光あれ」と言うと光ができた。神は光と暗黒とを分け、光を昼、暗黒を夜と呼んだ。夕べがあり、朝があった。
第2日 神は大空を創った 大空の上と下とに水を分けた。大空を天と呼んだ(大空の上は雨、下は海)。
第3日 海と大地、草と樹を創った 「天の下の水は1つに集まり、乾いたところが現われよ」と言った。乾いた所を地と、水の集まった所を海と呼んだ。「地は草と果樹を芽生えさせよ」と言うと、草と樹が芽生えた。
第4日 太陽と月と星を創った 太陽に昼を、月に夜を司らせ、天に配置した。昼と夜を支配させ、光と暗黒を分けた。
第5日 水に群がるもの、うごめく全ての生き物、翼のある鳥を創造した 神はそれらを祝福して言った。「産めよ、増えよ、満ちよ」
第6日 地の獣、家畜、土に這う全てのものを創った 神は自分を象って男と女を創造した。神は人を祝福して言った。「産めよ、増えよ、地に満ちて地を従わせ、全ての生き物を支配せよ」
第7日 こうして天地万物は完成した 神は仕事を離れ安息した。神は第7の日を祝福し、聖別した。

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]