Subject  : 非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)

カテゴリー: 健康・医療情報 


 非ステロイド性抗炎症薬(エヌセード)
アスピリン、インドメサシンなどの、解熱鎮痛薬は非ステロイド性抗炎症剤(Non Steroidal Anti-Inflammatory Drug : NSAID(エヌセードと発音します))と呼ばれ非常によく使用されている薬剤です。

イブプロフェン、ケトプロフェン、ナプロキセンナトリウムはすべて非ステロイド性抗炎症薬です。米国ではイブプロフェンは1984年に、ケトプロフェンは1995年に、ナプロキセンナトリウムは1994年に、それぞれ処方薬から市販薬に再分類されました。これらの薬の処方薬の製剤は、市販製剤よりも1回の投与量あたりの有効成分の量が多く含まれていることから、一般に効果も大きいといえます。ナプロキセンナトリウムの市販薬の説明書では、医師の指示がない限り、24時間以内に4カプレット(または錠剤)以上服用しないように注意しています。65歳以上の人は、医師の指示がない限り、12時間ごとに1カプレットしか服用しないように注意しています。

市販されているすべての非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:アセトアミノフェンを除くすべての市販鎮痛薬を含む)は胃の内壁を刺激して胃の不調や潰瘍、消化管の出血を引き起こすことがあります。その他の副作用には、腎臓障害があります。まれに非ステロイド性抗炎症薬に対してじんま疹やかゆみ、重度の呼吸障害を伴う深刻なアレルギー反応を示す人がいます。ショック(ショックを参照)を起こすこともあります。このようなアレルギー反応は迅速に治療する必要があります。アスピリンまたは非ステロイド性抗炎症薬にアレルギーを示す人は、重症の反応を起こすことがあるので、いかなる非ステロイド性抗炎症薬も使用してはいけません。
 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]