Subject  : 関節リウマチ

カテゴリー: 健康・医療情報 


 関節リウマチ
関節リウマチは手や足をはじめとする全身の関節で起こる炎症性関節炎で、関節に腫れと疼痛を伴い、しばしば関節の破壊を来します。
女性では男性の2〜3倍多く発症しています。多くは25〜50歳で発症しますが、どの年齢層でも発症する可能性があります。関節リウマチは小児でも発症することがあります(この場合は若年性関節リウマチと呼ばれ、その症状と経過の見通しは他の関節リウマチとは多少異なります)
関節リウマチの正確な原因は不明ですが、自己免疫疾患であると考えられています。免疫システムを構成している成分が関節包内層の軟部組織を攻撃します。次に血管や肺といった他の体の結合組織をも攻撃します。そして関節の軟骨組織、骨、靭帯(じんたい)を侵食し、これによって関節の変形、不安定化、瘢痕(はんこん)化が生じます。悪化の程度は非常に多様です。遺伝的素因など多くの因子が病態に関与しています。

【症状】
関節リウマチでは、突然、同時に多くの関節が炎症を起こします。多くの場合、漠然と始まり、徐々に異なる関節を侵していきます。普通関節炎は対称性で、左右の同じ部位の関節に起こります。最初に手の指や足の指、手、足、手首、ひじ、足首などの小さな関節に炎症が起こるのが典型的です。炎症を起こした関節は痛みとこわばり感を伴い、特に朝起きたとき(こわばりは一般的に少なくとも30分以上続く)やその関節をしばらく動かさないでおいた後にみられます。疲れやすさや脱力感を、特に午後の早い時間に感じる人もいます。微熱がみられることもあります。

炎症を起こした関節は肥大します。軟部組織が腫れるためで、これによって関節は急速に変形します。このため関節は1つの位置に固まってしまい、十分に曲げたり伸ばしたりすることができなくなります。手の指が正常な位置よりも小指側に傾き、指の腱(けん)はその位置から滑り出してしまいます。
腫れ上がった手首に神経が圧迫されると、手根管症候群によるしびれやチクチク感が生じることがあります。炎症を起こした膝(ひざ)の裏に嚢胞ができ、これが破れると膝から下に疼痛や腫れが生じます。関節リウマチの30%で、皮下に硬い隆起(リウマトイド結節)が認められます。これは普通外部からの圧迫が加わりやすい部位にできます(前腕の裏側の肘関節付近など)。
関節リウマチはまれに血管の炎症(血管炎)の原因ともなります。これによって組織への血液供給が減少し、神経の損傷や脚のびらん(潰瘍)を引き起こします。肺を覆っている膜の炎症(胸膜炎)や心臓を取り囲んでいる膜の炎症(心膜炎)、または肺の炎症や瘢痕により胸痛や呼吸困難を来します。一部の人ではリンパ節の腫れ、眼や口の渇きを伴うシェーグレン症候群や炎症による眼の発赤、痛みを呈します。

【診断】
関節リウマチでは10人中9人の割合で赤血球沈降速度(ESR:垂直に立てた試験管内の血液中で赤血球が沈む速度を測定する検査)の上昇がみられます。このことは体内で活動性の炎症が起きていることを示唆しています。この検査だけでは炎症の原因の同定はできません。しかし、症状が軽いときに赤血球沈降速度をモニタリングすることで、この病気がまだ活動性であるかどうかを調べることがあります。
関節リウマチの人の多くの血液中にはリウマトイド因子などの特有の自己抗体ができていて、患者の70%でリウマトイド因子が陽性となります(リウマトイド因子は健康な人でも陽性となることがあり、肝炎や感染症など他の病気でも出現する)。血液中のリウマトイド因子が高値だと普通は関節リウマチも重症で、その予後は不良となります。リウマトイド因子の値は関節の炎症が改善するにしたがって低下します。
多くの人は赤血球数が不十分で軽度の貧血を起こします。まれに白血球数が異常に少なくなることがあります。関節リウマチで、白血球数が少なく脾臓の腫大が認められる病態をフェルティ症候群といいます。

【治療】
治療法は単純な保存療法から薬物療法、手術までさまざまです。治療の原則は患者の体調を整えるためのもので、休息や十分な栄養などがそうです。遅効性薬剤は、出現している症状の改善というよりは病気そのものの改善に使用されます。最初は積極的な治療は最低限にとどめ、数カ月は一般に病気の進行を遅らせる薬を追加していきます。
関節の炎症が激しい場合は、動かし続けると関節の炎症が悪化するため、休ませるようにします。多くの場合、一定の休息期間をおけば関節の痛みは軽減します。活動性が高く、痛みを伴う病期の激しい炎症でも、少しの間ベッドで安静にしていることで痛みが軽減することがあります。1つまたは複数の関節を固定し、動かさずに安静を保つために固定具(スプリント)を使用することもできます。ただし、関節周囲の筋力の低下や関節が固まってしまうことを防ぐには、関節をある程度動かすことも必要です。
関節リウマチの治療には、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、遅効性抗リウマチ薬、コルチコステロイド薬、メトトレキサートのほか、腫瘍壊死因子(TNF)阻害薬などの免疫抑制薬も使用されます。次世代治療薬としては生物学的製剤のインターロイキン-1受容体阻害薬などがあります。効果が強い薬は一般に副作用も重いため、治療中は注意深い観察が必要となります。
 ⇒ 関節リウマチの主な治療薬と副作用

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]