Subject  : 肺真菌症

カテゴリー: 健康・医療情報 > 


 肺真菌症
肺真菌症とは、カビの一種である真菌が肺に感染する病気である。過敏性肺炎と異なり感染症状がある。
口腔、のど等に生息する真菌が、肺に感染して発症する。原因となるカビは、カンジタ等約20種ある。カビの種類によって、抗がん剤等の投与を受ける重病の人に発病しやすい肺カンジダ症、土中の放線菌の吸入で発症する肺ノカルジア症の他、肺クりプトコッカス、肺アスペルギルス症、肺放線菌症等がある。

 【症状】
・発熱 ・咳 ・痰 ・呼吸困難

 【治療法】
元々かかっている病気の治療と並行して、抗真菌剤を投与する。手術等外科治療を要する場合もある。
急性型の肺真菌症は、もともとの重病と合併し、進行が早まって髄膜炎を併発する場合があるので、迅速な治療が不可欠である。
 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]