Subject   : オープンソースライセンス(open source license) 

カテゴリー  : パソコン > ソフト 


 オープンソースライセンス(open source license) 
オープンソースライセンスとは、ソフトウェアの利用許諾契約書(ライセンス)の一種で、ソフトウェアを誰でも自由に入手、利用、改変、再配布等してよいとする内容を示したもの。

人間に理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを一般に公開し、誰でも自由に扱ってよいとする考え方を「オープンソース」(open source)、そのような考えに基いて開発・公開されたソフトウェアをオープンソースソフトウェア(OSS:Open Source Software)というが、オープンソースライセンスはソフトウェアの利用許諾をオープンソースの考え方に従ってまとめたものである。

オープンソースライセンスでは、当該ソフトウェアのソースコードを含む全体を誰でも自由に入手、利用でき、自らの用途に合わせて改変したり、自ら開発したソフトウェアに組み込んだり、オリジナルのプログラムや改変したプログラムを再び公開・配布・販売等してよいとする。また、再配布時にはソースコードとライセンス文書を添付しなければならない、原著作者の著作権表示を削除してはならないといった制限を課している場合もある。

元のソフトウェアを改変した二次的・派生的ソフトウェアの扱いはライセンスによって異なり、派生物にオリジナルと同様のライセンスを適用する(このような考え方を「コピーレフト」という)ものと、派生物の独占的な利用やソースコードの非公開を認めるものに分かれている。

オープンソースライセンスにはいくつもの種類があり、著名なものにはGPL(GNUパブリックライセンス)やBSDライセンス、Apacheライセンス、MITライセンス、MPL(Mozillaパブリックライセンス)などがある。

● 

 ⇒ オープンソースソフトウェア(OSS)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]