Subject   : FGF(線維芽細胞増殖因子)

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学 


 FGF(fibroblast growth factor)
FGF(線維芽細胞増殖因子)は塩基性線維芽細胞成長因子(bFGF)と酸性線維芽細胞成長因子(aFGF)など、計20種以上のファミリーから成ります。

FGFは上皮細胞のみならず、マクロファージからも産生され、創傷時における線維芽細胞増殖や血管新生に関わります。FGF-7は表皮増殖因子であり、表皮で働くが、ほかの上皮細胞でも増殖を促進する。
また、ヘパリンやヘパラン硫酸(HS)はFGFやと結合して複合体を形成することで、FGFレセプターの活性化とシグナル伝達に関与するというが、ヘパリン類似物質のヒルドイドソフトは線維芽細胞の増殖抑制作用をもつことから、ヘパリンはFGFの安定化をはかっている可能性があります。

線維芽細胞の増殖のしすぎは弾力性のない細い血管が産生されたり、コラーゲン異常増殖で皮膚が盛り上がったり、(ケロイド)決していいものではありません。

FGFはフィブラスト(トラフェルミン)という形で製剤化もされているが、真皮の再生に使う製剤が、真皮がなくなりFGF産生細胞がなくなった状態で効果があるのか?というジレンマがある

 ⇒ サイトカイン(生理活性物質)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]