Subject   : クラッド (clad)

カテゴリー  : 産業・技術 > 


 クラッド (clad)
 機能の異なる金属体同士をはり合わせることをクラッドといい、双方の機能を利用した合坂をクラッド材という。高強度ではあるがさぴやすい金属体の表面に、強度はあまりないがさびにくい金属体をはり合わせて被覆することにより、耐食性の良好な高強度材を得ることがでさる。きせ金法ともいう。  タラッド鋼板(clad?steel plate)は、?般普通鋼と他の金属とを合わせたものであるが、その2種金属間の接着力は非宮に強く、従来の溶接板や鍛接板とまったく性質を異にしており、単一金属のごとく加工性の良い、構造用鋼をも兼ねた鋼板である。ステンレスクラッド鋼は、一般には、普通鋼板をステンレス鋼板ではさみ、普通鋼の耐食性を改善したものである。その他、普通鋼板とアームスブロンズ、モネル、ニッケル、チタニウム、ハステロイ、鋼でクラッドした鋼板などが知られている。  クラッド鋼の製造方法としては、爆発圧着法(合せ材を爆薬の爆発圧力で母材に接合させる方法)、爆着圧延法(合せ材を母材に爆発圧着後熱間圧延する方法)、圧延法(合せ材を母材に重ね合わせて圧延する方法)、肉盛圧延法(合せ材を母材に溶接圧延した後、熱間圧延する方法)、肉盛法(母材に溶接肉盛する方法)等がある。

 ■ 
 

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]