Subject   : マイクロプロセッサ(MPU)

カテゴリー  : 半導体 


 MPU(Micro Processing Unit)
超小型処理装置で、コンピュータ内で基本的な演算処理を行う、いわば コンピュータの心臓部に当たる半導体チップのことです。
以前は、コンピュータの演算処理は複数の半導体チップが連携して行っており 、この半導体チップ群を「中央処理装置(CPU)」と呼んでいました。 MPUは、中央処理装置を1個の半導体チップに集積した部品として生まれたが、 現在はマイクロプロセッサが全ての演算を担当するのが普通ですので、 CPUという言葉よりもMPUということばの方が良く用いられます。
パソコンで採用されているマイクロプロセッサは、Intel社のPentiumシリーズ やAMD社のAthlonシリーズに代表されるx86系プロセッサと、Apple社のMacintoshが 採用しているPowerPCシリーズの2種類が代表的です。 ワークステーションやサーバなどの高性能なコンピュータの世界では、 Sun Microsystems社のSPARCシリーズや、Hewlett Packard社のPA-RISCシリーズ、 Intel社のItaniumシリーズなどが知られています。
最近では、マイクロプロセッサはコンピュータだけでなく、 家電製品や工業機器などの制御のためにも使われています。 特に、高機能な携帯電話やPDAでは複雑な処理を行うことが多く、パソコン並みの 性能を誇るマイクロプロセッサを搭載した製品も出てきています。

●マイクロプロセッサの基本設計 
大きく分けるとCISC方式とRISC方式の2つがある。CISC方式では、マイクロプロセッサが多数の命令を処理できるようにして命令セットを高級言語に近づけ、複雑な処理を実行できるようにすることで処理能力の向上をはかっている。CISC方式はマイクロプロセッサ発明当初から使われている。  一方、CISC方式の限界を乗り越えるべく考案された方式がRISC方式で、ひとつひとつの命令を単純にすることで複数の命令を効率よく同時実行できるようにして処理性能の向上をはかっている。もっとも、CISC方式もRISC方式も互いの長所を取り込む形で発展を続けているため、最近では両者の区別は判然としなくなりつつある。


[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]