Subject   : ムチン

カテゴリー  : 話題のことば > 糖タンパク質


 ムチン
ムチンはたんぱく質と多糖類が結合した粘性物質です。 ムチンは納豆、オクラ、山芋などに含まれるネバネバした物質のことを 言います。
ムチンは食品だけに含まれているのではなく、気管、胃腸などの 消化管、生殖腺、目などヒトの粘膜の表面はムチンで覆われています。 胃は胃酸で溶けないのは胃がムチンで保護されているからです。
ムチンは粘膜をうるおし、粘膜の損傷を防ぐため胃潰瘍や胃炎の 予防・改善、鼻の粘膜を丈夫にして風邪やインフルエンザなどの 感染症にかかりにくくすると言われています。 また、粘膜が保護されることでアレルギー症状の予防や改善も 期待されています。
ムチンの持つタンパク質分解酵素は熱に弱いので、これらの効果は 生のままか、加熱を最小限に抑えるなど調理の工夫が必要です。

◆ ムチンの効果があると思われるもの
胃潰瘍 / 胃腸病 / 風邪 / 便秘 / 動脈硬化 / アレルギー疾患
◆ ムチンが含まれる食品例
納豆 / 里芋 / オクラ / モロヘイヤ / れんこん / なめこ

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]