『美女と野獣』の世界

『美女と野獣』はフランスの童話である
『美女と野獣』( La Belle et la Bete )は、フランスの童話ですが、多くの映画や劇やミュージカルで取り上げられてきました。

とある事情で城からベルが自分の家へ帰った際、一週間で城に戻らなければ野獣が死んでしまうにも関わらず、姉たちはさらにベルを家にとどまるように仕向けます。
原作では女どうしの意地悪な描写ですが、ディズニー映画ではガストンがこの姉たちの位置に代わっています。

映画

 ● 美女と野獣 (La Belle et la Bete)
 - 1946年フランス。ジャン・コクトー監督。
 ● ロシア版美女と野獣 赤い花
 - 1952年日本語字幕版
 ● 美女と野獣 (Beauty and the Beast)
 - 1991年ウォルト・ディズニー制作のアニメーション映画。ゲーリー・トゥルースデイル、カーク・ワイズ監督。
 ● 美女&野獣 (Beauty and the Beast)
 - 2009年オーストラリア。デヴィッド・リスター監督
 ● 美女と野獣 (La Belle et la Bete)
 - 2014年フランス。クリストフ・ガンズ監督。

劇・ミュージカル

 ● 『美女と野獣』劇団四季
 - 劇団四季とディズニーが、美しい名曲とともにお届けするミュージカル『美女と野獣』。
 ● ミュージカル『美女と野獣』
 - アラン・メンケンが作曲、ハワード・アシュマン、ティム・ライスが作詞、リンダ・ウールヴァートンが脚本を担当した、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ製作のミュージカル。
 ● ミュージカル『バラの国の王子』- ボーモン夫人作「美女と野獣」
 - 2011年3月から5月に宝塚歌劇団月組公演として、宝塚大劇場と東京宝塚劇場で上演。脚本・演出は木村信司が担当。主演は霧矢大夢。
 ● システィーナ歌舞伎『美女と野獣』
 - 2016年2月に大塚国際美術館システィーナホールで上演。作・演出は水口一夫が担当


原作のあらすじ


記載ミス、コメントなどありましたら
e-mail: webmaster までお願いします。
home Page   Back