Subject  : ハードウェアT&L(hardware T&L)

カテゴリー: 画像処理 > 


 ハードウェアT&L(hardware T&L)
 ハードウェアT&Lとは、3次元グラフィックス(3DCG)の描画処理において、座標変換と明るさの計算を専用のハードウェアで高速に処理する手法。

 3DCGの描画では、物体の形状や位置を計算して物体を配置し(Transform)、光源の位置や種類、強さに応じて各点の明るさを計算する(Lighting)必要がある。従来はソフトウェアがCPUを使ってこうした処理を行なっていたが、最近のビデオカード(3Dグラフィックスアクセラレータ)の中にはこの処理を専門に扱うLSIチップを内蔵し、CPUに負担をかけずに高速にこうした演算を行なうものがある。この機能をハードウェアT&Lという。


 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]