Subject   : ODBC (Open DataBase Connectivity)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 ODBC (Open DataBase Connectivity)
ODBCとは、アプリケーションソフトがデータベース管理システム(DBMS)などに接続し、データの取得や書き込み、操作などを行う方法の標準を定めたもの。Microsoft社が制定したもので、主に同社のWindowsで動作するデータベース関連ソフトウェアで用いられる。

アプリケーションソフトなどからDBMSの基本的な機能を利用するための手順を定めたもので、データベースの作成や削除、SQLクエリなどによるデータの検索や取得、書き込みなど、データベースに対する基本的な操作を行なうことができる。ODBCはDBMS毎の違いを吸収し、同一のコードでデータベースにアクセスできるようにする。

ODBCを介してデータベースを操作するには、そのDBMSをODBCによるアクセスに対応させるソフトウェア(ODBCドライバ)が必要で、著名なDBMS開発元・販売元は標準でODBCドライバを添付したり配布したりしている。 ODBCは様々なDBMSに共通する基本的な機能を提供するため、DBMS固有の機能を利用したい場合はODBCを使わずにそのDBMSに直接アクセスする方法を用いる必要がある。また、DBMSごとのデータの管理方式やSQLの仕様の微妙な違いなどから、同一のコードが各DBMSで完全に同じように動作することは保証されない。

ODBCはDBMSの管理するリレーショナルデータベース(RDB)にアクセスするために使われることが多いが、ODBCドライバの中には、DBMSが管理する方式ではないデータベース(Microsoft Access形式のデータベースファイルなど)を操作するためのものや、RDBではない形式のデータ(CSVファイルなど)を扱うことができるものもある。

● 


 ⇒ DBMS(DataBase Management System)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]