Subject   : IMDB(インメモリデータベース)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


IMDB(in-memory database)
インメモリデータベースとは、データをメインメモリ(主記憶装置、RAM)上の領域に格納するよう設計されたデータベース。また、そのようなデータベースを構築・運用できるデータベース管理システム(DBMS)。従来の、ハードディスクなどのストレージ(外部記憶装置)上に構築されるデータベースに比べ、データの読み書きを数桁高速に行うことができる。

インメモリデータベースでは原則としてすべてのデータをメモリ上に展開し、データの読み込みや追加、変更、削除をすべてメモリ上で完結させることで、従来型の数百倍から数万倍も高速に処理を実行することができる。ただし、メモリ上のデータは電源を切ると失われてしまうため、システムの終了・再起動時や一定時間ごとなどに、メモリ上の内容をストレージに保存してデータの永続性を確保する機能が搭載されている。

また、トランザクションログや変更履歴(ジャーナル)などをストレージに記録したり、ネットワークを通じて別のコンピュータにデータベースの複製を取るレプリケーション機能などにより、不意な電源断などで内容が失われても、なるべく直近の状態を復元できるよう配慮されていることが多い。

なお、インメモリデータベースと対比して、従来型のストレージに記録されるデータベースのことを「オンディスクデータベース」(on-disk database)と呼ぶことがある

● MMDB(メインメモリデータベース)


 ⇒ DBMS(DataBase Management System)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]