Subject   : ウォームスタンバイ( warm standby)

カテゴリー  : 情報産業・技術  


 ウォームスタンバイ( warm standby)
 ウォームスタンバイとは、通信機器やコンピュータシステムを多重化して信頼性を向上させる手法の一つ。 同じ構成のシステムを2系統用意しておき、片方(主系・本番系)を作動させ、もう片方(待機系・予備系)は電源を入れてOSを起動した状態で待機状態にしておく。主系に障害が発生すると待機系で業務システムが立ち上がり、処理が切り替わる。

待機系と常に同期を取るホットスタンバイと、待機系を動作させないでおくコールドスタンバイの中間の方式で、費用や信頼性も両者の中間程度となる。

データベースシステムの場合は、主系からトランザクションログを一定間隔で従系に送信し、従系で非同期にバックアップを取って待機することをウォームスタンバイという。

● 


 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [カテゴリー一覧]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]