Subject  : 不整脈

カテゴリー: 健康・医療情報 


 不整脈
心臓には、刺激伝導系という電気の回路が張り巡らされています。その中で一番上に存在する洞結節というところから発する興奮がこの回路を伝わって心室まで到達します。これによって、心臓はリズミカルに収縮を繰り返しています。 もしも何らかの理由で洞結節から電気刺激が発生しなくなると、少し遅れて、心房と心室の間にある房室結節で電気刺激が発生し、心臓を動かします。これもうまくいかない場合には、心室の刺激伝導系の一部から電気刺激が発生して心臓を動かします。
私たちの心臓は1分間に60〜100回の範囲で規則的に動いています。1日では約10万回になります。こうした心臓の拍動のリズムが乱れたり、脈の数が正常よりより増えたり減ったりする状態が不整脈です。
脈が正常より早くなる状態を頻脈といいます。 また、脈が正常より遅くなる状態を徐脈といいます。 他にも、心臓を動かしている電気刺激がつたわっていく経路に問題がある 伝導障害などもあります。
不整脈の種類 主に頻脈 主に徐脈 伝導障害 その他異常
上室性不整脈 洞頻脈
上室期外収縮
心房粗動
心房細動
上室性頻拍
洞徐脈
洞不全症候群
洞房ブロック
房室ブロック
心室内伝導障害
WPW症候群
LGL症候群
QT延長症候群など
心室性不整脈 心室期外収縮
心室頻拍
心室粗動
心室細動


● 心室性期外収縮、上室性期外収縮
最も多い不整脈でほとんど場合、生命の危険はありません。正常洞調律よりも短い間隔で早期に収縮する心拍で、脈が余分に打ったり1拍抜けたように感じます。 高齢者に最も多い不整脈は上室性期外収縮です。 動悸や胸苦しさがある場合は病院に行きましょう。
● 心房粗細動
心房が全く無秩序収縮する状態で、脈は不規則となり、体動や情動により頻脈になることが多いです。弁膜症、心筋梗塞、心筋症、WPW症候群なとがなければそれほど心配する必要はありません。しかし、弁膜症のある人や高齢者では脳塞栓の原因になることもあります。
● 発作性上室性頻拍[ひんばく]
突然、心拍数が速くなり、1分間に150〜200回以上の速い脈が規則的に続いて突然とまります。通常、動悸を感じますが、冷汗、眼前暗黒感、失神、胸痛を伴うことがあります。発作が数日も続けば心不全を合併し、呼吸困難や尿量減少や浮腫をおこします。
● 心室頻拍
突然心拍数が多くなり、30秒以上続くものと30秒以内に停止するものとあります。重症な心臓病に伴って起こる場合には意識がなくなったり、致死的な心室細動に移行することがあります。
● 心室細動
心臓を動かしている電気系統(心臓の筋肉の一部から発信された微量の電気が伝わるしくみ)が何らかの原因で混乱すると、リズミカルな収縮が行えなくなります(不整脈)。その不整脈の中でも、とくに心臓の血液を全身に送り出す場所(心室)がブルブル震えて(細動)、血液を送り出せなくなった状態(心停止状態)を心室細動とよびます。この心室細動が起こると、脳や腎臓、肝臓など重要な臓器にも血液が行かなくなり、やがて心臓が完全に停止して死亡してしまう、とても危険な状態です。心臓が原因の突然死の多くは、この心室細動を起こしています。
心室細動は、心筋梗塞の発作など心臓病が原因で起こることが多いのですが、胸にボールが当たったとき(心臓震とう)など、まったく健康な人でも、心室細動が突然起こることがあります。
● WPW症候群
心房と心室の正常の伝導路以外に先天的バイパスが存在するものです。心房細動を伴うと、希に致死的な心室細動に移行することがあります。
● 洞不全症候群
洞結節からの心臓を収縮させる興奮が遅くなったり、規則的に起こらなくなった時の不整脈で、心臓の収縮が1分間に50以下になったり停止したりするともあります。また、心房粗細動、発作性上室性頻拍を合併することもあります。洞停止により、めまい、意識消失、息切れなどが起こることがあります。
● 房室ブロック
洞結節から発生した興奮が、心房から心室へと正常に伝わらない状態で、症状もない軽度のものから心室停止を生じて意識がなくなる危険なものまであります。 老化により、洞結節から出た刺激が刺激伝導系を経て心室に伝えられるという働き(房室伝導)が衰えてきたときに起こる場合もある。心臓病がなくても、老化現象の1つとして刺激伝導系の細胞が減って線維化することが、房室ブロックを起こす原因の1つと考えられています。 房室ブロックには、重症度1度から3度まである。度の段階では電気の伝わり方が多少悪いというくらいで、ほとんど症状がなく、治療の対象にならない。2度では、脈が抜けるということが起きてくるため、定期的な受診と治療が必要になる。 重症度が最も重い3度の房室ブロック。脈は1分間に40拍程度に落ち込み、動くと息切れがして満足に日常生活が送れなくなる。完全房室ブロックと言って、心房で作られた刺激が心室に伝わらなくなるのである。
 ⇒ 心不全

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]