Subject  : 新型インフルエンザ

カテゴリー: 健康・医療情報 


 新型インフルエンザ
 インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによっておこる病気です。ヒトだけでなく、他の動物もインフルエンザウイルスに感染します。通常、インフルエンザウイルスは、例えばヒトからヒトへといった同種の間で感染するものです。
 しかし、インフルエンザウイルスの性質が変わる(変異する)ことによって、これまでに、ヒトに感染しなかったインフルエンザウイルスが、ヒトへ感染するようになり、そしてさらにはヒトからヒトへ感染するようになります。この変異したインフルエンザウイルスのことを新型インフルエンザウイルスといい、そのウイルスによって起こるインフルエンザを新型インフルエンザといいます。

 新型インフルエンザとして、大正7年(1918年)に「スペインかぜ(スペインインフルエンザ)」、昭和32年(1957年)に「アジアかぜ」、昭和43年(1968年)に「香港かぜ(H3N2)」、昭和52年(1977年)に「ソ連かぜ(H1N1)」が流行しています。これらはいずれも世界的に流行し、多くの死亡者(たとえば、「スペインインフルエンザ」において、世界では約4,000万人、わが国では約39万人が死亡)を出しました。新型インフルエンザは、10年から40年の周期で流行するといわれています。(かぜという名前がついていますが、インフルエンザです。)  しかし、新型インフルエンザウイルスがいつ出現するのか、予測することはできません。

● パンデミック
インフルエンザウイルスが変異し、新たにヒトからヒトへ感染する新型インフルエンザの世界的流行の可能性が示唆されています。新型インフルエンザがもし発生した場合、基本的にすべての人々は、そのウイルスに対して抵抗力(免疫)をもたないため、新型インフルエンザはヒトの間で、広範にかつ急速に拡がると考えられます。さらに、人口の増加や都市への人口集中、飛行機などの高速大量交通機関の発達などから、短期間に地球全体にまん延すると考えられます。この世界的流行をパンデミックといいます。

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]