Subject  : 回転性のめまい(回転性眩暈)

カテゴリー: 健康・医療情報 > 


 回転性のめまい(回転性眩暈) 
 回転性(ぐるぐる回る)のものと非回転性(フラフラする)のものがある。 回転性のめまいは、自分の周囲や景色がグルグル回るように感じるめまいです。吐き気を伴ったり、実際に嘔吐してしまうこともあります。

 【原因】
回転性めまいは、多くは耳に原因があります。  耳の奥にある内耳には体のバランスを保つ機能があるので、内耳が障害されると回転性めまいを起こすことがあるのです。
 内耳には、体の回転を感知する三半規管や重力を感知する耳石器があります。そこから情報を得ると、前庭神経を通して脳へ伝えられます。この過程で異常があると体のバランスが崩れてめまいを起こします。前庭神経炎がめまいの原因となるのもこのためです。

耳鳴りや難聴を伴う場合は、メニエール病や突発性難聴、外リンパ瘻(がいりんぱろう)などの可能性があります。

耳が原因のめまいのうち、耳鳴りや難聴を伴わない場合は、良性発作性頭位めまい症(BPPV)、 前庭神経炎などです。 良性発作性頭位めまい症は、この耳石が何らかの原因(加齢や外傷など)で耳石器から剥がれ、それが三半規管の中に入ったり、タンパク質などが粒子となり管の中に溜まって、リンパ液の流れが乱れるために起こると考えられています。
 【症状と診断】




 【治療】
 症状を和らげるために、 内耳の血流を改善する「循環改善薬」 めまいそのものを抑える「抗めまい薬」 めまいへの不安やストレスが強い場合には「抗不安薬」  などを服用します。

 ● 
 
 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]