Subject   : 油脂とロウ

カテゴリー  : 学びの館 > 化学 


 油脂とロウ
油脂は、脂肪酸とグリセリンから成る3価のエステルです。 ロウは、高級脂肪酸と高級アルコールから成る1価のエステル。

■ 油脂(oil & fat)
 常温で液体のものを油、固体のものを脂肪という。油脂はグリセリンの3価のエステルで、酸で加 水分解すると3分子の脂肪酸と1分子のグリセリンが得られる。アルカリで加水分解(ケン化とい う)すると、脂肪酸のアルカリ塩となる。アルカリ塩を 石けんといいます。
石ケンを水に溶かすと,石ケンは水と空気の界面に集まる。これを吸 着と呼ぶ。この結果,水の表面張力が減少する。さらに石ケンの濃度 が増すと,石ケン分子同士が集合してミセルと呼ばれる集合体をつく る。ミセルが生じると,石ケンの濃度がこれ以上増しても表面張力は 一定となる。

■ ロウ(wax)
高級飽和脂肪酸(長鎖の脂肪酸)と高級ア ルコールのエステルである。多くの生物 で,ロウは保護被膜や水の防壁に利用。羽 根、皮膚、毛皮、葉の表面に存在する。 マッコウクジラは浮力と衝撃波音発生に使 う。

種類 主成分 メモ
蜜ロウ パルミチン酸ミリシル C15H31COOC30H61
鯨ロウ パルミチン酸セリル C15H31COOC16H33
羊毛ロウ オレイン酸コレステロール C17H33COOC27H45

 ⇒ 脂質

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]