Subject   : インダクタ(inductor)

カテゴリー  : 学びの館 >  


 インダクタ(inductor)
インダクタンスを利用するために電線を巻いた受動素子である。電磁誘導による磁力線を利用するため電線を巻いたものは巻線と呼ばれる。

インダクタンス(inductance)は、巻線などにおいて電流の変化が誘導起電力となって現れる性質である。誘導係数、誘導子とも言う。

代表的なインダクタの種類を以下の表に示す。

種類 メモ
空芯コイル 電線をバネ形状に巻いたコイルです。芯には何も入れないか、非磁性体が用いられます。高周波回路等に多く使われます。
コア・コイル 棒状、E字型、太鼓型などのコアに電線を巻いたコイルです。コアの材質としては磁性体であるフェライトが多く用いられます。
トロイダル・コイル トロイダルとは円環状のといった意味で、ドーナッツ型のフェライトに電線を巻き付けた構造をしています。漏れ磁束が少なくインダクダンスが安定しており、高周波回路に多く使われます。
積層コイル フェライトやセラミック材料の薄いシートに、導体金属を印刷し何層も重ね、層間はビアで接続する構造をしています。小型でも高インダクタンスを実現しています。
フェライト・ビーズ 筒状のフェライトにリード線を通したものです。EMC対策に使われます。高い周波数に対して有効です。

 ⇒ アナログ変調方式

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]