Subject   : 骨髄(こつずい、:bone marrow)

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学 


 骨髄(こつずい、:bone marrow)
新しい血球を作り出す場所で、骨の中に存在する柔組織である。
造血器官として 骨髄は血液に富み、あらゆる血球系細胞(赤血球、白血球、リンパ球、血小板のもとになる巨核球など)に分化できる造血幹細胞が存在する。マウスにおいては一個の造血幹細胞を移植することによって、すべての造血系細胞を再構成させることができることが証明されており、ヒトにおいても骨髄移植は 白血病など造血系の疾患の根治的治療として有効で ある場合がある。

食品としては、 ラーメン等では「ガラ」として良く煮込みスープのベースとする。moelleとしてフランス料理ではスープやソースに用いる他、大腿骨などを切りオーブンで焼いてプディングの様にすくって食べる。

 ⇒ 造血幹細胞(免疫細胞)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]