Subject   : インターロイキン(interleukin: IL )

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学 


 インターロイキン(interleukin: IL )
リンパ球自身が産生し、リンパ球には働きかける液性因子 humoral factor。
白血球 leucocyteの間の情報のやりとりを担う物質という意味で名づけられた。 インターロイキンの番号は、おおむね遺伝子がクローニングされた順番と符合する。 IL-8は、ケモカインである。

分類 メモ
IL-1活性化T細胞のリンホカイン産生亢進、好中球活性化、PGE2産生誘導(体温上昇)など
IL-2B、T細胞分化、増殖促進。マクロファージ、T細胞、NK細胞活性化など
IL-3造血幹細胞の分化、B細胞分化促進、肥満細胞増殖
IL-4B、T細胞の活性化と増殖。IgG1、IgEクラススイッチを誘導、マクロファージ活性化
IL-5IgM分泌亢進、IgAクラススイッチを誘導、好酸球増殖分化誘導、細胞傷害性T細胞の誘導
IL-6B細胞の抗体産生細胞への分化、IgG、IgA、IgM抗体産生増強、キラーT細胞分化、増殖。肥満細胞生存延長、神経細胞分化など
IL-7前駆B細胞増殖、活性化T細胞増殖など
IL-8好中球、T細胞、単球遊走および活性化
IL-9ヘルパーT細胞増殖、胸腺細胞、肥満細胞増殖
IL-10サイトカイン合成阻止
IL-11B細胞抗体産生促進、マクロファージ前駆細胞増殖など
IL-12NK細胞活性化、IgE産生抑制、T細胞増殖
IL-13IgE、IgM、IgG抗体産生誘導、単球、マクロファージの炎症性サイトカイン産生抑制など
IL-15NK細胞やある種のT細胞の増殖
IL-18SuperTh1への分化促進。
IL-19単球、Bリンパ球で発現
IL-20皮膚で発現。乾癬にて著しく増加
IL-21骨髄由来のNK細胞の増殖と成熟
IL-22活性化T細胞で発現。STAT1、3、5を活性化
IL-23樹状細胞で発現。メモリーT細胞からIFN発現


● インターロイキン4
Th2細胞より分泌される代表的なサイトカイン.B細胞に働き,B細胞が分泌する抗体の種類に影響を及ぼす.B細胞はインターロイキン4またはインターロイキン13で刺激しないとIgE抗体をつくらない.そのほかマスト細胞に働き,サイトカインをつくる潜在能力を増大させ,血管内皮細胞に働くとVCAM-1という接着分子を発現させ,好酸球やリンパ球が(好中球ではなく)選択的に血管から組織へと移行する手助けをする.

● インターロイキン5
Th2細胞やマスト細胞より分泌されるサイトカイン.主として好酸球を刺激し,脱顆粒をおこし,ECPなどの顆粒蛋白を放出させ,ロイコトリエンC4をつくらせる.または,ほかの刺激に対する好酸球の反応性の閾値を下げる.好酸球の親戚の好塩基球にも同様な作用があるが,非常に弱いもので病態的な意義は少ない.インターロイキン3やGM-CSFも同様な作用をもつサイトカインであるがその作用は好酸球以外の細胞にも及ぶ.

 ⇒ サイトカイン(生理活性物質)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]