Subject   : トリプシノーゲン(trypsinogen)

カテゴリー  : 学術情報 


 トリプシノーゲン(trypsinogen) 
膵臓が分泌する消化液に含まれるタンパク質分解酵素、トリプシンの不活性型前駆体タンパクで、分泌後に自己限定分解を受け活性型のトリプシンとなる。

 □ 

 ⇒ 栄養素の消化と吸収

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [用語索引]  [前のページに戻る]