Subject   : ヘパリン

カテゴリー  : 話題のことば > 健康維持


 ヘパリン
ヘパリンはウロン酸とグルコサミンの繰り返し構造からなる酸性ムコ多糖類で、ウシ肺またはブタ腸粘膜などから作製され,分子量も約3,000-35,000と種々のものが混在する(未分画ヘパリン)。
それ自体に抗凝固作用はないが、生理的凝固阻止因子のアンチトロンビンによるトロンビン,Xaなどの不活性化作用を促進する。
近年では、抗Xa作用が優位なため出血の副作用が少ない、低分子ヘパリンが使用されつつある。



 ⇒ タンパク質の機能と変性

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]