Subject   : タンパク質の機能と変性

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学


 タンパク質の機能と変性
生体内でタンパク質は種々の物質と結合し、複合タンパク質として存在する 場合が多い。 タンパク質は生体内でたくさんの機能を発揮している。 タンパク質の機能はその高次構造(2〜4次構造)と密接に関連している。 ある種のタンパク質は,機能の発現のために,アミノ酸以外の分子を 必要とする。これらを複合タンパク質という。

分類 機能 コメント
酵素 触媒作用 トリプシン、乳酸脱水素酵素
酵素阻害剤 酵素作用を阻害 マクログロブリン、トリプシンインヒビター
情報タンパク質 細胞内情報伝達 ホルモン受容体
ホルモン 細胞間情報伝達 インシュリン、成長ホルモン
輸送タンパク質 物質輸送 ヘモグロビン、リポタンパク質
防御タンパク質 生体防御 免役グロブリン、フィブリノーゲン
運動タンパク質 細胞の運動性 アクチンミオシン
毒タンパク質 細胞毒 蛇毒タンパク質、リシン
貯蔵タンパク質 貯蔵栄養 グリシニンカゼイン
構造タンパク質 細胞や細胞間の構築 コラーゲン、膜タンパク質,ウィルス殻タンパク質


■ 変性(denaturation)
 タンパク質は、加熱、極端なpH、強い攪拌、高濃度の塩や尿素、還元剤、強い光などで高次構 造を支える結合が切れ、溶解度が低下したり固有の機能(活性)の低下・消失(失活 inactivation) が起こる。これを変性(denaturation)という。

■ 両性電解質
 タンパク質の側鎖にはpHによって解離の状態が変化する原子団が存在する。したがって,アミ ノ酸と同様に,タンパク質にも等電点が存在する。

 ⇒ タンパク質の構造

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]