Subject   : B細胞

カテゴリー  : 学術情報 


 B細胞
最も効率的な免疫装置である抗体を産生する細胞です。
B細胞とは、病原体の刺激があると「抗体」を産生する機能のある小型の 免疫細胞です。 血流にのって体中をめぐっていますが、多くは リンパ節や脾臓を中心に 分布しています。
全身をパトロールし、病原体を発見すると捕まえて食べて分解 → 病原体の 情報をヘルパーT細胞に報告(抗原提示) → ヘルパーT細胞の指令が あると「抗体」を作りだし、病原体を直接攻撃します。 さらに、病原体を記憶し、「免疫記憶細胞」として次ぎの闘いに備えます。
魚類以上の高等動物にのみ存在します。 鳥類ではBursa器官で成熟するためB細胞と命名されました。
ほ乳類では骨髄で育ち、リンパ節で成熟を完成し,形質細胞となります。 常に抗体遺伝子を組み替え、様々な抗原の侵入に対し準備していますが、 抗原の侵入があると、抗原に特異的な1種類の抗体 (モノクローナル抗体)のみを産生するB細胞が激しく分裂増殖します。 また、そのとき,ヘルパーT細胞より分泌されるサイトカインの影響を受けて、 IgE抗体,IgG抗体などのクラスが決定されます。


[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]