Subject   : 胸腺

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学 


 胸腺
特殊なリンパ球(Tリンパ球)を作り出す場所
胸腺は胸骨の後ろに存在し、心臓の上部にこぶし大に存在する臓器である。 白っぽくてぷよぷよ と柔らかい形の整わない臓器です。若いころは心臓の前面 を覆うようにかなり大きな面積を占め、人間では10代の前 半で最大となって、重さが約35gに達します。ところがそ の後は、年齢を重ねるにしたがってどんどん小さくなり老人ではほとんど痕跡程度になってしまう不思議な臓器です。
胸腺の中にリンパ球と呼ばれる細胞が詰まっています。 やがて、リンパ球が免疫反応を担う主要な細胞であること、そして胸腺はリンパ球を教育して「自己」と「非自己」を見分ける能力を授ける「学校」のような役割を果たしていることが分かってきます。この能力を授けられ、胸腺から全身へと供給されるリンパ球を「B 細胞」と呼びます。
免疫担当細胞であるT細胞のTとは、胸腺「Thymus」の頭文字である「T」から名づけられている。いっぽう、抗体を作る細胞は、同じリンパ球の仲間ではありますが、全身の骨の芯の部分、つまり「骨髄」(Bone marrow, ボーン・マロー)から生まれて胸腺とは関係なく成熟するので「B 細胞」と呼ばれます。
胸腺において、Tリンパ球を分化する役割を持つ。しかし、年齢による萎縮によりTリンパ球の分化が徐々に行えなくなるため、加年と共に自己抗体が作られ正常な細胞を破壊していくため、老化の要因の一因として考えられている。

サイマックス(Thymax)とは胸腺エキスのことで、若さの源と言ったりされて います。

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]