Subject   : ホルモンがつくられる部位と機能

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学 


 ホルモンがつくられる部位と機能
部位 主なホルモン メモ
下垂体 抗利尿ホルモン
(バソプレシン)
腎臓に水分を保持させ、アルドステロンとともに
血圧を制御する
コルチコトロピン(ACTH) 副腎皮質におけるホルモンの産生と分泌を制御する
成長ホルモン 成長と発育を制御し、タンパク質の合成を促進する
黄体形成ホルモン
卵胞刺激ホルモン
生殖機能を制御し(精子と精液の産生、卵子の
成熟、月経周期など)、男女の性徴を制御する
オキシトシン 子宮筋と乳房の乳腺を収縮させる
プロラクチン 乳腺における乳汁の産生を開始させ、持続させる
甲状腺刺激ホルモン 甲状腺におけるホルモンの産生と分泌を刺激する
副甲状腺 副甲状腺ホルモン 骨の形成とカルシウムとリンの排泄を制御する
甲状腺 甲状腺ホルモン 体の機能(代謝率)を調整する
副腎 アルドステロン 塩分と水分を保持し、カリウムを排泄することで、
塩分と水分のバランスの調整を助ける
コルチゾール 特に抗炎症作用があり、血糖値、血圧、筋力を維持
、塩分と水分のバランスを制御する
デヒドロエピアンドロ
ステロン(DHEA)
骨、気分、免疫系に影響する
エピネフリン
ノルエピネフリン
心臓、肺、血管、神経系を刺激する
膵臓 グルカゴン 血糖値を上げる
インスリン 血糖値を下げ、全身の糖、タンパク質、脂肪の代謝
に影響を及ぼす
腎臓 エリスロポエチン 赤血球の産生を刺激する
レニン 血圧を制御する
アンジオテンシン 血圧を制御する
卵巣 エストロゲン 女性の性徴と生殖器管の発達を制御する
プロゲステロン 受精卵が子宮内膜に着床する準備や、乳腺に
よる乳汁の分泌を準備させる
精巣 テストステロン 男性の性徴と生殖器管の発達を制御する
消化管 コレシストキニン 腸管内を通過中の食物を押し出すための筋収縮や、
胆嚢の収縮を制御する
グルカゴン様ペプチド 膵臓からのインスリンの放出を増やす
グレリン 下垂体からの成長ホルモンの放出を制御する
脂肪組織 レジスチン インスリンの筋肉への作用を遮断する
レプチン 食欲を制御する

 ⇒ 内分泌系

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]