Subject   : 抗不整脈薬

カテゴリー  : 学術情報 > 薬学


 抗不整脈薬
抗不整脈薬のVaughan-Williams分類(ボーンウイリアムス分類)を、下表に示す。

分類 作用機序 作用部位 薬品名
Ia Naチャネル抑制
膜安定化、興奮抑制
延長(QRS幅延長)
心室筋
心房筋
キニジン、プロカインアミド、ジソピラミド、
アジマリン
Ib 短縮(QRS幅不変) 心室筋
病的心筋
リドカイン、ジフェニルヒダントイン、メキシレチン
Ic 不変(QRS幅延長) 心室筋
心房筋
プロバフェノン、フレカイニド、ピルジカイニド
II 交感神経β受容体遮断作用
(β遮断薬)
洞結節
房室結節
 プロプラノロール
III 活動電位持続時間延長作用  心室筋
心房筋
アミオダオン、ソタロール、ニフェカラント
IV Ca2+チャネル遮断
Ca拮抗薬
洞結節
房室結節
ベラパミル、ジルチアゼム、ベプリジル

 I群に分類される抗不整脈薬は、Na+チャネルを抑制し、活動電位の立ち上がり(Na電流)を抑制し、細胞の興奮を抑制する。I群に分類される抗不整脈薬は、活動電位持続時間(ADP)により、Ia、Ib、Icの3群に分類される。  Ib群の抗不整脈薬は、Ia群の抗不整脈薬より、効果が劣るが、心臓収縮抑制作用(心機能抑制作用)が弱いので、心不全傾向の患者にも、使用出来る。

 ○ 

 ⇒ 

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]