Subject   : アスペルギルス(属) (Aspergillus)

カテゴリー  : 学術情報 > 生化学


 アスペルギルス(属) (Aspergillus)
 アスペルギルス属は、 真菌(かび)の中の不完全菌類の1属で、コウジカビ属ともいわれる。

アスペルギルス属のかびの中でも、黒かびアスペルギルス・ニガー(A.niger)や麹かびアスペルギルス・オリゼ(A.oryzae)は食品とくに酒、焼酎、味噌、醤油、味醂(みりん)、甘酒などを製造する際に有用であるが、前者はタマネギ、ヤマイモ、ニンニク、チューリップなどの黒かび病菌として農業や園芸上でも重要である。

 後者は醸造食品のほかにアミラーゼ(デンプン分解酵素: amylase)やプロテアーゼ(タンパク質分解酵素: protease)などの製造にも利用されている。また、薄緑色のアスペルギルス・グラウカス(A.glaucus)などは食品の腐敗菌である。アスペルギルス属のかびは自然界に広く分布し、一般に果物や野菜、パンなどにもよく生える黒かびもその1種である。

 形態的には隔壁のある無色の分岐した長い菌糸をもち、菌糸から伸びる分生芽胞柄の先端が肥大した頂嚢から更子となり、さらに分生芽胞(分生子)ができる。その分生芽胞の色は菌種で違い、黄色、緑色、褐色、黒色などである。
 ⇒ 真菌
 ⇒ カビ毒(mycotoxin)

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]