Subject   : 免疫のメカニズム

カテゴリー  : 学びの館 > 生化学 


 免疫のメカニズム
免疫とは、「自己(自分自身の本来の細胞など)」と「非自己・異物 (自分の身体の外から入ってきた細胞やウイルスなど)」を区別し、 「非自己・異物」を排除する働きのことです。 「非自己・異物」の中でも、放っておいたら様々な不都合を生じ、 ときには生命そのものを脅かす結果になるものを選択的に排除する ものです。
一般に免疫といえば、細菌感染に対応する免疫、医学的にいうなら 「抗原・抗体反応」を土台とする免疫反応のことをいいます。 いろいろな感染症を引き起こす細菌ウィルスなどのような異物や 毒物が入ってくると、その異物に対する抗体をつくり、その抗体が 異物を攻撃します。その時の異物は、抗体に対して抗原と言われます。 この抗原抗体反応の主役は白血球です。
この白血球にはいろいろ種類があって、それぞれ役割分担していますが、 もともとは全て骨髄で作られた幹細胞という細胞です。 それが成熟してそれぞれの細胞に分化していきます。
 白血球は大きく分けると、リンパ球の B細胞(Bリンパ球)、 T細胞(Tリンパ球)、 NK細胞(ナチュラルキラー細胞)と、 マクロファージ(大食細胞)、 好中球などがあります。異物が見つかると、まずマクロファージが 出動していき、異物を飲み込んでしまいます。 異物を飲み込んだマクロファージは、その異物がどんな物質であるか という情報をヘルパーT細胞に伝えます。
 そして、その物質が「自分以外の異物」だと感作T細胞が認識すると、 ヘルパーT細胞及びB細胞に抗体作りを命令します。 このようにしてその異物を排除する為に余分な抗体をつくり過ぎない ように、B細胞が形質細胞に変わるのをサプレッサーT細胞が、促進したり抑制したりしながら抗体をつくるのを調整してるわけです。
しかし、ガン細胞は厳密な意味では「非自己」ではありません。 もともとは自分の細胞あったものに異常が生じたのであり、 その意味では自己そのものです。したがって体液中で非自己を認識して異物を排除する体液性免疫のメカニズムでは対応できません。 そこで働くのが細胞性免疫と呼ばれるメカニズムです。 細胞性免疫とは自己である細胞に隠れている異常を発見して、これを排除しよう として働く免疫メカニズムのことです。 その主役となっているのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。 その他キラーT細胞やマクロファージ、好中球もガン細胞を攻撃するのに重要な 働きをしています。

非特異免疫(自然免疫)は、生まれたときにすでに備わっています。「非特異免疫」と呼ばれるのは、どんな異物に対してもほぼ同じ方法で対応するからです。 非特異免疫に関与する白血球には、マクロファージになる単球、好中球、好酸球、好塩基球、NK(ナチュラルキラー)細胞があります。それぞれ少しずつ機能が違います。補体系とサイトカインも非特異免疫に関係しています。

● 細胞性免疫反応
CoombsのT−V型アレルギー反応のように,免疫グロブリンにより抗原を認識することによりおこる液性免疫反応に対し,W型アレルギー反応のように免疫グロブリンを介さず,直接T細胞により抗原を処理する反応を細胞性免疫反応という.標的はウィルスや結核菌,真菌などである.Th1細胞由来のインターフェロンγやインターロイキン12により活性化される.
 ⇒ 免疫細胞

[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]